2018年6月5日火曜日


更新が遅くなってしまった。別に体調が悪いわけでもなく死んだわけでもないけれど、とにかく忙しい。仕事で忙しいんなら良いんだけど、とりとめの無い雑用が急に増えて気分的に落ち着かない。
日帰りとは言え結構遠方へ出て行くことも多くてグタッと疲れる。社会生活をしている限り、適当に誤魔化して知らん顔して絵だけ描いていたら良いというわけにも行かず、色々な人のお役に立たねばならないこともある。絵を描く事は仕事だから自分の頭の意識には無い。と言うか、筆を持つときは何も考えないし、持ったら頭の中は空っぽになる。

いつも困るのは運動不足。この前に面白そうと思って買ったスマートブレスレット。価格からしてもオモチャなんだけど、これが結構役に立つ。1時間もじっと仕事していると早く運動しろ!と腕の所でブリブリとバイブする。喧しい店内にいても電話がかかってくるとバイブして教えてくれるし、睡眠の質も判定してくれる。あまり信用できないとは言え、結構当たっているような気もする。仕事の合間に体を動かせて肩こり防止が出来るようになった。何かと便利な物が出来てきますねぇ(これを考え出す人達のアイデアはすごいです)

2018年5月8日火曜日

久しぶりに名古屋



この所、仕事、雑用取り混ぜてゆっくりしている時間が無い。カミさんの頸椎の具合が悪い事も手伝って雑用が増えている。おまけに、新たな道楽が増えそうな予感であります。まだ道楽になるかどうか解らないのですけど、僕の場合はやってみたいと思ったら中途半端は嫌いなので、取りあえず参考になりそうな本や情報をかき集めている。と言うような状況ではありますが、久しぶりに名古屋大須へ出掛けました。まだ、有数のオーディオ店が残っている街でもありますし、京、大阪辺りはこれぞと思う店も殆ど無く魅力に欠けますね。それと共に楽しみなのは近畿圏とは少し違った人間性というか空気というか、まあビックリする事も多いのですけど結構お気に入りであります。新名神が出来たお陰で割合簡単に行く事が出来るようになりました。

今回はめぼしい機材には出会わなかったですけどアナログLPを2枚拾ってきました。特にシャルラン製のフォーレ”レクイエム”は以前から欲しかったのがほぼ新品状態で手に入りました。トリオレコードなんて言っても若い人はご存じないでしょうね。フランスの税関吏がマスターテープを捨てたとかいう噂のあったヤツです。オークションで探したら多分出てくると思いますけど、これも探す楽しみでしょうか。機材は食指の動いた物が無くて残念でした。

名古屋へ来たら、やっぱり喫茶店に立ち寄っててんこ盛りのフルーツをと言う事で。しかし、甘っまーいです。お昼はざるきしを食べて名古屋満点です。ゆっくり息抜きをしてきました。


2018年3月28日水曜日

古き良き友 ジョニー・ウォーカー スウィング


アルコールはあまり強くないくせに結構好きなのであります。あちこちからの頂き物もあって、我が家にはそれなりに常備されているんだけれどカミさんは全く分解酵素を持ち合わせていないので酒粕でも酔っ払うし、まず一滴も飲まない。おまけに御神酒は毎月出てくるし供給過剰気味である。一人で飲んでも楽しくないので寝酒程度になってしまう。頂き物は必ず封を切るので、開封した物を人に差し上げるのは、余程気心知れた人に限られるし、飲まない人も増えてきた。で、好みはさておいてそこら辺にあるもので用を済ませていたけれど、あるお店で久しぶりにこの瓶を見掛けて買って帰りました。

美味しいお酒は数あれど一番好きなお酒は?と聞かれると一番先に頭に浮かぶのはコレ。まあ、美味しいと言うより初めて飲んだ時の印象が強いのでしょう。いろいろな経緯があって出会ったのが30歳くらいの頃でしたね。この瓶のデザインセンスも気に入って(何かに似ているというのは想像にお任せして本来は起き上がり小法師になっていて客船の中でも転ばないように作られています)飲みながら瓶の上のところをツンと押すとゆらゆらと揺れて、見ているだけでも結構面白い。

以前にジョニーと言うと「古いですね」と言われた事もありましたけど、師匠がジョニー好きだった事も関係しているのかも知れないです。そんなこんなでこのお酒との付き合いが再開されました。美味しいですよ。


2018年3月15日木曜日

美味しい戴き物


先週、いろいろな用事を兼ねて何時も応援して下さっている京丹後市の方のお宅へ行ってきました。昼食もご馳走になって楽しい時間を過ごしました。帰りに戴いたのがこれです。原木椎茸ですけど、こんな大きなものは見たことがありません。原木からニョキニョキと生えていて直径が14〜5センチもあります。厚さも4センチ位あってとっても良い香りがしています。夕食にさっと焼いてポン酢で頂きました。こちらでは滅多に味わえない美味しさです。沢山戴いたので残りは教わったように冷凍にして少しずつ頂く事にしました。偉大な自然の力を知りました。

2018年3月1日木曜日

空気を運ぶ宅配便


急にA3ノビのロール紙が必要になったので毎度のごとく超有名サイト通販でクリックしておいた。早いもので翌日に宅配便で送られてきた。しかし、である。受け取りに出て荷物を見た時に何かの間違いでは?と思った。あまりにも大きな箱だったので、家人が何かを頼んだんだろうと思ったものの受取人は僕になっているし内容も間違いなさそう。まあ、しっかしこりゃあ何が何でも大きすぎるだろう。世の中運送業者さんは手が足りなくて運賃の値上げだ、なんだとか言ってますけどこれを半分の箱にしたらもっと載るよ。割れ物でも無いのにね。システムで動いているので大きめであろうが構わず梱包と言う事なんでしょうけど、こうなると少し考え物。急いで送ってくれるのは嬉しいんだけど、も少しトータルで考えて貰っても良いんじゃないでしょうかね。

2018年2月3日土曜日

伊勢

年が変わってからまだ行っていなかった伊勢へ行ってきた。新名神を通っていくと早く行けるようになりましたねえ。寒波の最中だったこともあって、予想通り参拝客も少なく車もすんなりと駐車できた。京都もそうだけれど観光公害と言う言葉が聞かれるようになって伏見稲荷などでは此処はどこの国?と思うほど外国語で溢れている。別に悪いことではないんだけれど知り合いの住民から「困り物ですよ」という声も聞く。伊勢神宮も参拝に来られるお方が一杯で駐車もままならない状態だし、中には明らかに金儲けに傾いている神社などもあり複雑な気持ちになりますね。

帰りのお土産はいつも通り二見浦の御福餅です。有名なのは断然赤福!でも味は御福餅の方が甘さも控えめだし赤福のように機械生産ではないので僕はここに決めています。地元の人から人にあげる時は赤福、家で食べるのはお福と聞いた事があります。僕は曲がっているので大量販売の赤福は買わないですわ。どっちがよいかは好みですけどね。

2018年1月26日金曜日

NS-15 その後は?


ヤマハのNS-15ですが約一週間余りかかって僕なりのエージングをやってみました。多分このあたりで一服でしょうか。随分良く鳴るようになってきました。何と言っても後面開放型の良さを存分に味わっています。当然、置き場所によってガラリと音が変わるので、取り敢えずの所で壁から40cm余り離して聞いています。

箱の音がしないのでサラリとあっさりした音で、とても自然に近い音と言うのか楽しい。仕事中にバックで鳴っていても気にならないし、正面切って対峙して聞かねば、という堅苦しさもない。半世紀も前にこれだけの音を出していたのだから、大したもんですわ。逆に言うとあまり進歩がないということになるのか?呼吸球のスピーカーが出来れば理想とか随分以前から言われていますけど、難しいんでしょうね。

僕の記憶通りピアノ曲は思う存分鳴りますね。そこで弾いているというと大層だけど、とてもリアルな音で鳴ります。コーン面積の影響からか低域がもたつく場面もあったりで万能ではないけれど、後面開放と相まって独特の魅力ある世界が広がります。タンノイとは、また違った素直な世界です。これが良いかどうか?音楽性をどう捉えるか?となってくると趣味の世界なんで好みの問題ですね。良し悪しの問題ではなく、その時の気分によって使い分けたいと思ってます。。やっぱり、あと一回り大きな方を欲しくなるかも?