2017年12月11日月曜日

仲良く・・・


何故か、二つのAIスピーカーが並ぶことになりました。やっぱり、好き者としては両者を比べてみたいと思うのは当然!と言うより、たまたまセールだったので思わずクリックしてしまったのであります。この前に書いたように、やはり分野によって得手不得手があるようで、こりゃ使い分けるのが宜しいようですね。まだまだ解らない事だらけですけどGoogle Homeは得意の検索エンジンを使って尋ねた事に答えてくれます。音楽に関してはややAmazon が有利なように思うけれどGoogleにはミュージックドライブがあるので、手持ちの音楽をアップロードしておいて聴くことが出来る。
Amazonはまだまだスキル(アプリ)が揃っていないので非力に感じるけれど、これが揃ってくるとかなり強力になりそう。日本語対応が遅れていて、まだ米国の1/10にも届かない位しかスキルが無いそうです。様々な分野のメーカーを巻き込みながら進めようとしているらしく、日本語への対応が進めば面白そう。 まあ、擬似秘書みたいに情報を聞くには今の所Googleですかねえ (スマホで済むと言えばそれまでだけど・・) どちらも色々やっていくとアホな話し相手になってくれてあまり真面目に取り組まない方が宜しい。 この分野はまだ始まったばかりなので、何と言っても日本語対応の進み方次第のように思えます。まあ、思い切って英語で使うという手もあるようだけど、そこまでして使うか?とも思うので暫く遊びますか。

2017年12月5日火曜日

Amazon Echoがやってきた


リクエストしておいたアマゾンエコーが届いた。これで少し遊んでみようと考えたのです。Google Homeと迷ったんだけどいろいろ調べてみてアマゾン・エコーに決定。実際に使ってみるとグーグルホームと少し性質が違うようであります。検索させてもそういう機能が無いらしく、判りませんという返事を返してくる。お前はアホかと言うと「すみませんこれから勉強します」と言って笑わせてはくれるが役には立たない。Webで同じ様な思いの方を見つけたが、ちょっと期待しすぎもあったようですね。スキルをどんどん有効にして学習させて下さいとあるけど、このスキルという物(まあアプリみたいな物だが)にあまり興味を引かれるような物が無いし、開始するコマンド言葉を忘れたりしてどうもしっくり来ない事もしばしば。(まあこのスキルがどんどん増えたらそれなりの活躍はしそうだけど ) 今の所、鳥の声とかをBGM代わりに鳴らしている位で、明日の天気とかは便利なんだけどGoogleの検索などは出来そうも無い(らしい?)。これから進化していくのかも知れないけれど、このままだとGoogleHomeと両方要るのでは無いかと思ってしまう (この辺り微妙に上手く棲み分けているのかも知れない)   まだ2〜3日しか経っていないので、よく判らない事が多いのでどうなるか判りませんね。まあ、これからの分野なんでしょうね。価格も安いのでこんなところでしょうか。

2017年11月20日月曜日

京丹後へ行って


暫く間が空いてしまったけれど、日常生活は何の変化も無く続いている。一生こうして絵を描きながら終了するのでしょうかね。変化と言えば先日、京丹後の知り合いの所へ行ってきた。知り合いと言っても元々は僕の後援者なんですけど、今となっては周りの人々も含めて親戚付き合いになっています。頼んでおいた餅米を頂きに行って美味しい蟹をご馳走になってきました。写真はお土産に頂いた沢山の蟹です。ズワイガニは地元でも高価になってしまってコッペと言われる雌蟹です。でもさすがに地元、ズシリと重いコッペでズワイに負けず美味しい。まあ、街で売っているものとは全然違ってお腹一杯になります。飲んで食って色んな話も弾んで久しぶりに楽しい時を過ごさせて貰った。自然の恵みと試練を沢山受けながら、それに逆らう事無く生きておられる方々には何時もの事とは言え心洗われる事が多い。これからも長ーいお付き合いをお願いしたいと思っています

2017年10月29日日曜日

素朴な花達


ホームセンターと言うか、花屋と言うのか店先に可愛い小花の苗を売っていた。何処にでも見かけると言えばそうなのだけれど、こういう小花の可憐さは良いですね。僕は俗に絵にならないよと言われてきた花を何とかしたいと思ってずっと描き続けてきた。勿論、大作は難しいので小品になるんだけど 、それでも作品にしてみると結構人気で様々なお方に後援して戴いた。亡くなられたが、某市長さんのお宅にも掛けて頂いていた。基本的に自分の性格は変わらないのでしょうかね。若い頃からずっとこの気持ちに変化は無い。明治、大正、昭和と諸先輩方は広くモチーフを求めて様々な物を描いておられるし、ずっと発想が豊かですね。都会ではお目にかかれないような花達、例えばホタルブクロとかカタクリや福寿草の群生などですけど随分描いてきました。この作品達が見て下さった方々の何かしら、心の栄養になってくれていたら良いのですけれどね。

2017年10月14日土曜日

衝動買い


何か出物はないものかとリサイクルショップを覗いてみた。これと言ってピンとくるモノは無かったけれどTEACのS-2001(平面スピーカー)が目にとまった。しかしサランネットを開ける事が構造上出来ないと言う事で状態の確認が出来ずスルー。逆転発想のスピーカーなので興味深いし思い切って行ってまえ!とも思ったけど踏みとどまる。
他に何かと思っている時に目に飛び込んできたのが、このドラフター(製図台)でありました。こんなもの買って何すんの?と言われそうですが、まあ何かの役に立つのでは?と思ったら買ってしまいました(今や設計はCADでやってしまうので、場所は取るしデータは送れないし不要なのだろうね)
小作品の草稿台として使ってもイーゼルより重宝しそうなのと設計製図に使わなくても何かに役に立ちそうな予感、角度調節自在だしマグネットパネルは何処にでもペタッとくっつく。おまけに蛍光灯付き。場所だけが難点だがプロ用というモノはどれも良く出来ている。人間老化してくると本を読むにも時間が掛かるし写生をするのも体が辛くなる。これを救うには如何に道具をうまく使うかだと思うね。かくして道具ばかりが無限増殖していきそう。

2017年9月30日土曜日

PCに振り回されて・・・



どうもWindowsパソコンの調子が変だなあと思っていたら案の定、立ち上がらなくなってしまった。win7から10に無償アップグレードしているので、こういう時はどうなるのかなあと思ったりしたけれどそれよりも不覚にもデータのバックアップを取っていなかったので何とか救いたい。HDDが随分壊れなくなったのでデフォルトのままドライブCで使っていたし・・。どうやらHDDは大丈夫の様なので画面の指示通り取りあえずリセットでデータを残せるかやってみた。ダメなら別の手立てを考えていたけど、夜中に放っておいたら朝にはなんと!素の状態(データはそのまま)で立ち上がっていた。メデタシメデタシで、取りあえずバックアップを完了。・・・しかし何か変?コンパネとか設定とかが英語になっている。どうやら日本語パックが変臭い。グーグルと首っ引きで言語パックを入れようとするが既に入っていると言いやがる。そのくせ、試してみたフランス語は入るし訳わからん!! しかし、ここまでやって諦めるのは癪に障るし・・取りあえず就寝。翌朝一番に同じ事を繰り返すとなんと簡単に入ってしまった。こんな事もあるんですねぇ。ヨシヨシとソフトをインストールしようとすると今度はインストールの説明画面で文字化け!! 一難去ってまた一難とはこの事か。仕方なくググッていると同じ症状の書き込みを見つけてやっと解決。判ってみれば何のことは無いが、それに気が付かんのです〜。
iMacの方はもう10年が経過して11年目に突入ですが一度HDDが壊れただけで、まだ現役であります(OSアップデート出来なくなったので世代交代の用意をしているけど) まあ安定ですねえ。後から調べたらWin10はクリーンインストールもそのまま認証して出来るらしい。覚えておこーっと。  

2017年9月15日金曜日

確か持っていた筈なんだけど


「鳥は星形の庭に降りる」武満徹の曲である。確かに以前にCDを買っている筈なのだけれど、何処にも見当たらないので違う盤を買った。最近、現代曲を聴く事が増えたようだ。色彩豊かなこの曲を初めて聴いたのは随分前の事である。記憶が定かでは無いが、まだ娘が高校生位だったか大阪のシンフォニーホールでのアジアユースオーケストラのコンサートだったと思う(間違っているかも知れないけど) 日本初演と言う事なのでひょっとしたらと思っていたら案の定、武満氏が客席に姿を見せておられた。氏は初演の時には必ず姿を見せられると聞いていたので娘と密かに期待していた事を覚えている。その時に聞いたこの曲は、あまり現代曲と馴染みの無かった僕の心にしっかりと足跡を付けていった。その頃から少しずつながら現代曲に馴染んできた。絵画に置き換えて聴いていると朧気ながらイメージを掴む事が出来るようになった記憶がある。そんな事を思い浮かべながら改めて色彩豊かな世界に浸る事が出来た。