2015年2月22日日曜日

ADC CD-350XR その後



先日書いたADC CD-350XRであるが、応急処置はやはりそれなりでトレイが出てこなくなった。トレイゴムとタクトスイッチを交換。暫く聞いてみて大体の感触が掴めていたので音に影響しそうなコンデンサも交換する事にした。何を使うか悩んだが、結局自分が好きな東進UTSJを使った。ついでに小容量のフイルムコンデンサも噛ませた。コネクタを壊してしまうというハプニングがあったものの比較的簡単に交換できた。いつも思うことだが、こうしてパーツを取り替える事で良くなる所もあれば置き忘れてきてしまう音もあってなかなか難しい。バランスをとることの難しさは僕の仕事と同じである。今回はどうだろう。音の見通しは良くなったように感じるが、もう少しエージングをしてみないと判らない。

0 件のコメント:

コメントを投稿