2021年4月18日日曜日

今更ながらの桜です

  sigma SD Quattro sakurasigma SD Quattro sakura

sigma SD Quattro sunsetsigma SD Quattro sakura 
 
      
sigma SD Quattro sakura

  
sigma SD Quattro sunset
もう時間が経ってしまって今更なんですけど雑用でバタバタしていて。桜が盛りを過ぎた頃に岐阜まで行く用事が有り行きがけの駄賃では無いけど少し寄り道をして桜を撮影してきました。用を済ませてから夕暮れに間に合いそうだったので急いで戻ったら最後の最後で神様がニッコリと笑って綺麗な夕日をプレゼントしてくれたようです。まあ、僕にしたら鉛筆をカメラに変えただけで自然を見る眼は何も変わりません(写生は時間をかけてじっくりですけど、カメラは一瞬、と言う違いはありますけどね) 前にも書きましたけど写真と写生は全くの別物でジャンルの違いを感じます。ただ、気持ちという点では共通する所も多いと思いますけど。(それにしても何処に行っても高圧電線の鉄塔は邪魔ですね)

いずれにしても自然の中で遊ぶという事は楽しいです。写生の時はじっと構えて大自然の力みたいな物を感じようとしますし、写真の時はそれよりも一瞬の時を逃さないように心掛けていますが美しい物を見る目は同じです。さらに現像という作業で絵を描く時と同じ感覚が自然に出て来るようです。様々なパラメータを触る事によって絵がどんどん変化し最終的に自分の思うような光景に仕上がるように調整すると言う楽しみがあり、絵を描いている時と同じ感覚です。特にSigma PhotoPro では自分の思うような作品に仕上げるパラメータが揃っているように思います。逆に言うとメチャクチャになるという可能性もあります。この辺りが面白くて一枚の写真を仕上げるのに結構時間もかかりますが楽しいです。撮影を終わってあたりが薄暗くなって帰路につく時は、子供の頃に川へ魚釣りに行って夕日に竿を肩にかけて、、と言う懐かしく楽しかった想い出も浮かんできます。自然と遊ぶという事なんでしょうね。



2021年3月15日月曜日

雨雲を避けながら海へ出掛けましたけど残念

 

sigma quattro
sigma quattro
sigma quattro
sigma quattro

sigma quattro
sigma quattro












相変わらず暗い写真ですけど勘弁して〜 雨も降ってきての悪天候。

3月13日(土)天候が怪しくて雨模様を承知の上で出掛けました。いつも琵琶湖が手近なのでちょいと出掛けるのですけど少しでも雨を避けようという目論見で三重まで足を伸ばしました。と言っても三重までは月一で出掛けますので慣れた道をひたすら走ります。東名阪に乗って亀山で降りたら後はまっすぐ東へ走ると海に出ます。新名神という手もあるんですが、僕は周りの四季の変化を感じながら東名阪経由で節約コースを走ります。

残念ながら雨雲に追いつかれてしまい、現地到着もまもなく降り出してしまいました。仕方ないので傘をさしながらの撮影になりました。まあ、こんな事は写生に出掛けていても、しょっちゅうあるので気にしていませんが晴れているに越した事は無いですね。光がないので結構致命傷なのかな?とは言えそれなりに楽しかったです。センサーゴミの清掃をシグマさんにお願いしていた(今回の清掃は無料でして下さいました)のが戻ってきたのでそれなりに楽しみもありました。清掃は自分で出来るようになっていますが今までやった事が無いので相談したら送って下さいと言う事だったのでお願いする事にしました(メチャ親切でした)

写生の場合は絵を描くときのことを考えながら、しかし現実に忠実に描くのですが、写真の場合は一発勝負なのでその場でイメージを纏める事にしています。どちらの作業も夢を膨らませるように心掛けてはいますが何れも難しいですね。写生に出掛けるのは仕事ですから当然なんですけど息抜きのつもりの写真も真剣勝負しようとしたら息抜きにはならないかも。

このSIGMA Quattro はすっかりお気に入りです。自分の気持ちにぴったりの絵を描き出すというか、僕とは相性抜群です。まあ画像のアラとブレもよく写りますけどね。


2021年2月7日日曜日

連続になりますけど又しても湖北へ

 



(何れもなんか暗いな。もうちょっと明るい写真撮るようにしなアカンな。でも明るいと情が乗らんから、つい露出補正をマイナスにする悪い癖があるし、気をつけましょう)

先週に続いて湖北まで出掛けました。今日は写生道具を持たずに写真に専念してみようと大仰な事を考えて(その割に持って行ったレンズも少なかったけど)まあ、僕の好きな所なんで何回出掛けても良いですね。コロナで大変ですけど湖北は人も殆ど見掛けないですし、のんびりとフラフラ歩いても良いですし車で走っていても気持ち良いです。今日は息子の運転なので僕は社長気分です。

そもそも僕とSIGMAの出会いはデジタル一眼を買おうと思った時にC社N社O社なんか色々あって何処にするかな?なんて思っていて当時SIGMAなんかコスパの良いレンズメーカー位にしか思っていなかったです。カメラにそんな愛も無かったし。取りあえず大手のカメラ屋さんに出向いてサンプルを見せてもらった時に「滅多に無いんですけど一応シグマも...」(販売店としてどうなのか?)と言う事で他のメーカーのと一緒に見せて頂きました。

その時がシグマとの出会いでありSD9との出会いでした。サンプルを見た時にこれは全然違うと思った。他のブランドはどれも似たり寄ったりにしか見えずFOVEONセンサーを積んだSIGMAが持つ色の力強さが一番魅力的でしたね。所謂ベイヤーセンサーのモヤモヤ感を何となく感じていたんだと思う。それからFOVEONセンサーの事をいろいろと勉強しました(当時は米国の会社だったので英語を頑張って翻訳してみたりした) こんな事出来るんやなあと思った記憶があります。その後、子会社化して順調な進化を遂げてきたと思う。

しかし、SIGMAさんもこのセンサーをここまで育て上げられたと思います。SD9は使い勝手も悪かったし、SD10,14と使って来たけど、時間をかけてゆっくり進化してきたと思う。実に頼もしい相棒になっています。僕が思っているような絵にAUTOで仕上がってくるので楽しいですよ。


2021年1月26日火曜日

ちょっと湖北まで

SD Quattro 湖北

SD Quattro 湖北




SD Quattro 湖北
SD Quattro 湖北

猛烈な寒波も終わったし、少し暖かい日が続きそうなので湖北へ出掛けた。何時も行く虎姫の湖岸公園のサクラの樹を見たかったのが一番なんですけれども(勿論枯れ木みたいな状態ですけど)そこでゆっくり過ごして桜の呼吸みたいなものを感じたかっただけです。あまり寒いと辛いし、丁度良い位の天気でした。その事は僕の心の動きなんでどうにも書きようもないのですが、ついでと言えば何ですけどSIGMA Quattroで、楽しい写真が撮れるかという事も目的の一つでした。

全部RAWのみで撮ったのは良かったんだけど帰ってからの現像が大変でした。SIGMA Photoproは随分の進化で暗部ノイズを見事に消してくれます。これにはSD9の時から悩まされてISO200以上は使えないと頭の中に入ってしまっていたんです。SD10,SD14と使ってきて、それから暫くはCanonに移行していたんで使用回数が減っていたと言う事もあるけど。何かレンズにもArtなんて言う名称が付いていてほんまかいな?と思ったりしていました。写真というのは読んで字の通り、真を写すと思ってきていたけど頭を切り替える必要があると痛感しました。

今は日本画の学生にもPhoto shopの使い方を教える大学も有る様ですから僕が遅れているのですかね。絵を描く時に地色を刷毛を使って引くのは当たり前と思っていたら若い人はスプレーを使うんですね。僕もやってみたら斑になって上手くいかなったです。こりゃ刷毛に限るわいと今でも刷毛しか使いませんけど、色んな意味で進化しているんでしょうね。

それはともかくSIGMA Quattroの実力は凄いと思っています。レンズを全部Artシリーズに買い換えるのはちょっとしんどいですけど。古いSAレンズでも現像でちょいと誤魔化しておきますか。確かに絵を描いていく楽しみと何か共通した事を現像中に感じます。いろいろ使ってみて最初にAUTOで現像してから少しづつ修正していくと作品を作っていく楽しみというか、Artと言う単語が使われる意味を感じます。

確かに現像も時間が掛かる作業なんで辛いですけど、思っている以上に表現の幅が拡がってなかなか楽しいのと同時に、素人でこの位出来る様になるとプロの方は一歩前に出るのは大変だろうなと思います。まあ絵の世界と同じでどうして深めていくかが問われるんだろうなと思う。


自動車でも積み上げてきた内燃機関を全否定する電気自動車に切り替わると今までの技術は何処へ行くんだろうとも思ったり、素人なりにいろいろ思い巡らせますわ。何事もメールでのやりとりになり画廊さんからの連絡もメールかLINEですからねぇ。殆ど字を書かなくなりましたから極力ペンを使う様にしています。アナログにもそれなりの良さはありますよ。


と長々と書いてきましたけど、とにかく楽しみではあります。絵を描いている方が楽ですけど不味い写真も揚げておきます。


2021年1月8日金曜日

LUXKIT A3600

休眠中の機材を少々弄ってみようかと考えていたけれど、なかなか思うように時間が取れないので仕方ない。実は中華製の真空管アンプに食指を動かされているのですけど、中国へ直注文となるとやはり気後れしますわな(PayPal使えない様やし)それなりに準備をして鎧を固めてからゆっくり品定めと言う事になるのかな?

と言うわけで、休眠中のLUXKIT A3600を引っ張り出してきました。出力管の8045Gを6550に変更してアレコレ弄ってあるんだけど夏場は暑苦しいので大概眠っています。まあ気候も暖かさが欲しくなって丁度良いかなと。それこそ20年位前に日本橋で中古改造品(既に6550に変更されていた)を見掛けて買ったという記憶がある
。そのまま鳴らしていたけど、改造と言っても単に球を差し替えていただけだったようでイマイチ面白くなかった(配線の仕方も雑だったし)

時々出してきて音出ししていた位だったけど、思い立って球を全部交換、内部の配線を全部取っ払って自分流にやり替えた。MJ誌の83年2月号に詳しい改造記事があるという事で図書館でコピーさせてもらった。まあ、UL接続が面白そうだと思い、完成させていたけど馬力はあるものの少し違うなと言う事でそのままになっていた。人間、年を経るといろいろと考え方も変わり感覚も変化してきてゆったり音楽を聴きたくなってきたんで、これを三結に変更することにした。変更と言っても少し配線を変えることとバイアス電圧の調整位なんで、小一時間もあれば終了した。

ゆっくり灯を入れて音を出すとコロッと違った音になりグンと大人らしい音に変化して満足です。TANNOYとの相性も問題ないし。一時は球より石の音に惹かれていろいろやってみたけど、ゆっくり音楽を聴くのはやっぱり球かなあ(年のせいか)そう言えば石で球の音が出ないか?とか侃々諤々議論したこともあったっけ。(写真の左側は自作アッテネータです)